正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。
正しい表示が行われない場合があるため、JavaScriptを有効にしてください。

ごあいさつ / 企業理念

ごあいさつ

代表取締役会長
井上 強一

代表取締役 社長執行役員
竹内 宏

クリナップの創業は1949年。長年にわたり、キッチンをはじめとする水まわり商品をつくり、家族の暮らし方とともにお届けしてきました。そして、私たちは企業理念を強く意識し、ここまで成長してくることができました。

“私たちは何のために存在し、企業活動を続けるのか”。この基本となる考えを表すのが企業理念「家族の笑顔を創ります」であり、クリナップの企業活動のすべてが、この理念の実現に向けられています。
数十年を経て今なおクリナップが存続していられるのは、社会に生かされ必要とされてきたから。その謙虚な心なくして私たちの未来はないと考えています。

経営としての事業活動のなかに社会性や文化性をもって、皆さまから好意を持たれ、常に企業理念を忘れず、自らの家族や社会に誇れる企業をこれからも目指していきます。

企業理念

「家族の笑顔を創ります」

この理念は、クリナップが現在あるいは将来実践する活動の方向性や領域、提供する価値、使命などを凝縮しています。
全社員で共有し実践すること。本当の笑顔を創り上げお客様や家族、そして社会へと拡げていくことを意味します。
私たちクリナップは、これまでの 五心 に代表される経営信条等を精神的規範として忘れることなく、持っている力全てを結集し、変革に挑戦し続けます。

創業者理念「五心」一、創業の心 一、新愛の心 一、創意の心 一、技術の心 一、使命の心

行動理念

1.「私たちは、心豊かな食・住文化を創ります」2.「私たちは、公正で誠実な企業活動を貫きます」3.「私たちは、自らの家族に誇れる企業を創ります」

「心豊かな食・住文化を創る」とは、注力すべき事業領域と提供価値を示しています。
当社は、従来からキッチンを中心として、事業を営んできました。
キッチンは、私たちの生活の中で食と住の交点にあります。
おいしいもの、こころのこもったものをつくり、食べ、そして語らい、すごす。家族が家庭を実感するひと時です。
クリナップは、キッチンこそが家庭づくりの核であると考え、笑顔が絶えない家族形成に貢献できる価値の提供に尽力します。

ブランドステートメント

キッチンから、笑顔をつくろう

クリナップの評判をつくるメッセージは、「キッチンから、笑顔をつくろう」です。この新しいブランドステートメントのもと、キッチン分野で絶対的なポジションを目指します。「キッチンと言えばクリナップ」のブランドイメージをより強固なものにしていきます。

企業理念「家族の笑顔を創ります」を胸に、全社員一人ひとりが変革をはかり、こころを一つにして、新しいクリナップを創造していきます。日本で一番大切にされる会社。一番愛される会社。そして一番誇れる会社を目指します。

クリナップ第二の創業の始まりです

キッチンから、笑顔をつくろう

Page Top

ヨミホトフフテラミツー贇レマ゚www-btフフテヘwwwフフテ-オ醺ーフフテ TOBU8ヤレマ゚ケロソエテ箙ム
モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ヌァモヌァムー ヨミテタヤェハラハヌキエウノミツケイハカ?ヨミキスサリモヲ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? ムーテホサキモホシヌ ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ コノォヘィシゥチ 24ヒセネネヒホノマキタヤアサナホェチメハソ ニヨキ「メミミサリモヲス3メレエ豼トェテアサヨハムコ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ マモ耨ホマキ 24ヒセネネヒホノマキタヤアサナホェチメハソ ムーテホサキモホシヌ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ミシメモ。ホェコ羔ラ「ネウャ70メレミテラハス コノォヘィシゥチ トミラモミエ80メウPPTユセネーョヌ鯤エタサ ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ ヘ篆サイソサリモヲーンオヌヨリノイサヨァウヨフィカタ ヘシタシカ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ケラ聆ミツウマ゚クナツハ0.08% ヨミテタヤェハラサ睥クヨリオ翔レネン チスクナョネヒ エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ カッア」ラ鰒ッマノマネトミナヨンヌノヌミナマ「ケォソェ メ箒タエハァヨアスモスシカハタス邀ュラハク メケノォーオモソハア ケラ耻スートエタムヌエテオ・:4ケ鮟ッヤレチミ タシミトエセ釀コ ケシハネヒハソネネメ鰒ミケイハョセナスチヨミネォサ ーイトネアエカ コノォヘィシゥチ 24ヒセネネヒホノマキタヤアサナホェチメハソ メ箒タエハァヨアスモスシカハタス邀ュラハク ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ヨミケケイイオウオレネクタハキセメ鯤ォホトキ「イシ カキスサリモヲホタミヌヒ鯣ャホ」シーケシハソユシ蒄セ エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ トミラモフ蠑ムェヨミウ魑2ノモヘスャ カキスサリモヲホタミヌヒ鯣ャホ」シーケシハソユシ蒄セ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ヨミケメスノ テタネヒモ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 24ヒセネネヒホノマキタヤアサナホェチメハソ オテヨェトクヌラウハツトミラモヤレオリフヘエゾ ヒユトメラケコサリモヲニニイエォホナ シホトマエォ トミラモミエ80メウPPTユセネーョヌ鯤エタサ ホ蟶ニヒヒョオトノルト エチャメサテワスモユ゚ノテラヤオ耋篦セロイヘアサオイ ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ シモトテエメサヨヲサニサィオスオラハヌハイテエ? トミラモフ蠑ムェヨミウ魑2ノモヘスャ ノィコレキ邀ゥ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 キソシロノマユヌウヌハミエエニ゚トミツオヘ ケユオ翅エチヒ? 200スモ羈サマナコエヒョタト醉タ コホスフクヨミテタヤェハラサ睾 ホメコヘホメオトラ貉 タシミトエセ釀コ エチャマヨウャシカエォイ・ユ゚26ネヒヤレヘャメサエォイ・チエ ヨワケレモウノホェヨミケハラホサF1ウオハヨ ヌァモヌァムー ノミニモハョサキエォニ ニヨキ「メミミサリモヲス3メレエ豼トェテアサヨハムコ モ。カネハラカシラシアクキ箋ヌ ケシハネヒハソネネメ鰒ミケイハョセナスチヨミネォサ
ツーーノスハミ| ホイリ| ノスメマリ| アマスレハミ| ーイカ猾リ| ヤォヌマリ| ケテワハミ| ヌュトマ| カォマ醯リ| ケ翔マリ| ー「ーモマリ| フィカォマリ| ヨミトイマリ| ホレタシコニフリハミ| ツ衄ヨマリ| レヨンハミ| ウ、クハミ| クハケネマリ| スィムハミ| ヘカシマリ| スュウヌ| サエーイハミ| ヒコモマリ| シヲヤマリ|